まさゆき研究所 新棟

ライター・加藤まさゆきのブログです。ニフティ・デイリーポータルZに記事を書いています

早食いな俺を責めないで

俺は飯を喰うのが早い。らしい。

一緒に食事するとたいていの人から驚かれるが、自分としては一番おいしいと思えるペースで食べているだけなので、特に意識はしていない。

 

が、責められることも多々ある。

なぜだ。

速く走ったり、朝早く出勤したり、早く仕事を終わらせたり、「早いこと」は全般的にほめられるはずのに、なぜ早く飯を食うのはあんなに責められるのだ。

 

「早食いは太るよ」

俺は太ってない。過食でもない。むしろ少食。

少食なのに早食いだから、燃え尽きるマッチのようにほぼ瞬間的に食事が終わってしまう。これが驚速の理由だろうか。でもおかげで昼休みにより多くの仕事を進められている。

そしてめっちゃ野菜食べてる。健康。毎月100km走ってるし、フルマラソンも走れる。大丈夫。

 

しかしこれ長年思っているのだが、同じ量でも早く食べると健康不良を引き起こす実験結果とかあるのかなーと思って調べたら、「早食いは絶対NG!」とかのゴミクズのようなサイトばかりの検索結果に混ざって、こんな論文報告が出てきた。

背景「一定量の食事を摂取した場合にも、食べる速さが体型に何らかの影響を与える可能性があるのかについては明らかにはなっていなかった。」

 ↓

「食後90分間のエネルギー消費量は急いで食べた試行の場合、体重1kg当り平均7calだった一方、ゆっくり食べた時には180calと有意に高い値を示した。急いで食べるよりも、よく噛んでゆっくり食べた方がエネルギー消費量が大幅に増えた。」「消化管の血流もゆっくり食べた方が有意に高くなった。」

 

 

なるほど。一定の説得力がある。

でもこれが肥満につながるとの結論ではないらしい。

 

というわけでこれから俺は「早食いやめなよ」と言われたら、

この研究のサイトを見せ、

「この先行研究を元にして早食い行動と肥満の関係を実験し、立証できるんだったらやめてもいいよ」

と言い返して、積極的に友達を無くしていこうと思う。

 

広告を非表示にする