まさゆき研究所

ライター・加藤まさゆきのブログです。ニフティ・デイリーポータルZに記事を書いています

2015年と俺の綿の木

2015年は公事・私事ともに激動の年だったのだが、そういうこととは別にして、綿の木を育てたことが静かに深く心に残っている。

 

f:id:masayukigt:20160101213923j:plain

引き出しに何年も入れておいた綿の種を何となく植えてみたら、旺盛に葉を広げて予想外にめきめきと成長し、さいごには僕の背丈ほども大きくなった。

まさに圧倒されんばかりの勢いだった。

 

f:id:masayukigt:20160101214220j:plain

夏になると綿は白い花を咲かせる。咲いてすぐは真っ白いのだが、1日ごとにうす赤く色あいを変えていく。それが不思議だったし、また、その色づき方がとても繊細で美しく、毎朝窓を開けるのが楽しみだった。

 

f:id:masayukigt:20160101214747j:plain夏になると綿の葉の上にいつもカエルがいた。

カエルは不思議な生き物で、住む場所なんて考えてないように思えて、とつぜんベランダに長く住みつくことがある。一度居つくとすると2か月ぐらいはずっと同じ場所にいる。

毎朝、綿の花の色とカエルの居場所を確認するのが僕の夏の日課だった。

f:id:masayukigt:20160101215115j:plain

花が終わると綿は大きな実をつける。

緑の実がむくむくと膨らんだあと秋になると割れて、一度は見たことのある、あの「綿の実」の状態になった。

台風にも負けないよう添え木をするなどして丁寧に世話をした結果、写真にあるような見事な綿ツリーを手にすることができた。

f:id:masayukigt:20160101215254j:plain

綿を「見るもの」として認識してしまい写真はあまり撮らなかった。あまりの生命力に圧倒されたせいかもしれない。でもその分心に深く残った気がする。

もし来年、何かベランダで育てたいなと思っている人がいたならば、綿の木を育てることをおすすめしたい。

広告を非表示にする